コモンズ

思いついたら書き出せ

打ち上げに行くはずが風邪ひいて行けなくなった話

 お久しぶりです。サボり常習犯のえぬけです。気づいたらもう三月で、国公立大前期試験も卒業式も終わってしまい、当方現在絶賛無職です。で、今どんな感じかと端的に言うと、「待機」でしょうか…。三月八日に迫る、前期試験の合否発表、これが来ないことには何も出来ないんですよ​───…後期の勉強を万が一のためにしておくという考えは、モチベとの兼ね合いの下、却下されました…​────。落ちてたらヤバい。受かっててもやること急に増えてヤバい。受かりたいけどやること多い、落ちたら落ちたで地獄、いわゆるジレンマってやつです。はい。

 

 

 と、現状報告はこれくらいにしておいて、ここから本題に入ります。タイトルの通り、風邪をひいてクラスの打ち上げに参加出来なくなりました…(オフゼロ感)。こう言ってしまうとアレなんですが、これだけの話なんです(笑)。ただ、クラスの打ち上げに行く気満々マンが急に打ち上げに行けなくなったことで、色々思うこともあるわけですよ。そもそもどうして風邪をひいたの?(苦し紛れの原因付け)とか打ち上げの日ずらしてくれねえかなあ!(盛大なジャイアニズムの顕現)とか…。実際的な話をすると、午前中は元気だったんです。ほんとう、健康そのもの。いや、これは過言でした。喉の痛み、鼻水等々、風邪だと判断しうるファクターは既にあったわけです。それが、その後本を読んだりゲームしてたりすると、ズキズキ…と頭痛。その後も、午前に引き続き、喉の痛み、鼻水(黄色っぽい​──風邪ですね完全に)見受けられて、ここまで来ると、頭痛、鼻水、体の節々の痛み、童貞、コミュ障、言語障害、喉の痛み、…と、風邪だと断定するにいたり、打ち上げは欠席するかと涙ながらに決断したわけです。

 

 欠席の旨を伝えたあとも、悲劇は続きます。喉が渇いたから冷蔵庫へと水分補給のためにやってくると、妹(今の僕の症状の直接の原因)に「病原菌は食べ物に近づくな」等々の罵詈雑言を叩きつけられ、弟からは目の前で放屁され(本人には何の悪びれる風もない)、パズドラでサンデーコラボガチャを引くと金が出る(風邪でさえなければ確実にダイヤ卵が出ていた)など、風邪による災厄とも言える事態の応酬…。

 

 ここまで来ると、この記事を読んでる方はあるひとつの考えを抱いてるんじゃないですか?逆説を弄する訳では無いですけど、私の実体験を反面教師として心に留めておいてほしいです​────当事者の傍らからしてみると、全ての出来事の理由付けを「風邪だから」とされる事は、迷惑そのものなんですよね(笑)。

 

追記:風邪にかかるよりも、インフルエンザにかかる方が、現在では特効薬が作られてる為、早く治る。

f:id:k4iv4:20180305201141j:image

昨晩建てたやること目標何一つなされていません…。すべて風邪が悪い。

 

 今日はこれくらいで。また不定期に書き込みします。